まず、ITに対しての誤解の一つにIT産業そのものの役割・構造が一般の人に理解しづらいことが要因だとされています。確かにエンジニアの中には少ない人員構成の職場環境の下で、多くの事を任せられるというものがあるからでしょう。

しかし、そうした環境下の中でもやり甲斐の感じているエンジニアならばそもそも大変だと感じたり或いはきついことだとは思わないことですし、何より切迫した労働環境であるからこそ自身の実力が会社にどのくらいの領域まで、自己の最大限の能力によって通用するのかという自分探しの場として快く身を置いているのではないでしょうか。

ある種の挑戦のようなものなのです。極端な話、勝つか負けるかの土俵の上での決着をここぞとばかりの希少な機会だとして大いに喜んでいるのかもしれません。大変な仕事である程、鬼気迫る自身に対してのこれ以上にない声援や応援歌の如くに自身を奮い立たせる大切な要素として受け入れているのかもしれません。自身と言う一番身近な存在の自身に対してエールを浴びせていくかのように高らかに自身の中心部深くへと根付いていくのです。

それは自身に対して見えない十字架を背負う様な強制的なことでは決して無いのです。自分の存在価値のあり方を確かなものとして証明するかのように忙しい日々を魅力のある大切な瞬間として充実した会社勤めを果たしているのです。人は心の持ちようでどのようにも変化することができます。自分自身に一番合う形で挑戦しつづける人でありたいものです。