IT業界においての開発現場は日々の仕事の場であるとともに、学びの場であると言われています。確かに定期的な研修を受けたりして最新の知識を吸収していってそうした人が求められたり、それまでの経験を元にして現状の課題に対しての未知なる問題に立ち向かったときに頭をフル可動させることになる訳なので、エンジニアなどによっては刺激的で貴重な瞬間かもしれません。

人はチャンスが見えてきたときに普段では到底考えられないくらいの想像以上の実力を発揮するのではないでしょうか。そして解決に至ったときに「この仕事をやっていて良かった」と心から喜べることでしょう。それが仕事に対してのやり甲斐に発展していくのです。そして、自分の仕事に対してのプライドを抱くようになり、そのプライドが将来の成長過程にある可能性の途上の伸び代へと更新されていくのです。

それがひいては向上心を掻き立てるうえでの必須の条件となるのです。その向上心を普段から抱けるように日頃の努力を惜しまないのです。人はいろいろな挑戦をしていく中で、必ず困難にぶつかるものです。しかし、そこでその困難を避ける人と避けずにぶつかり乗り越える人に分かれます。乗り越えた人は、またそれが人生において自信となり多くの学びを得ることになるのでしょう。

ピンチは人生においてチャンス!と言う人がいます。ITエンジニアなど日々情報が変化する仕事においては、なおのことピンチを乗り越え、この世に素晴らしいものを残していくことを望んでいます。