ITの求人情報の大半は即戦力を必要とされています。それは仕事を進めていく上で、最初に必要とされる多くの知識を1から教えていく労力と手間を省けることが理由とされています。それだけIT企業の競争力が高くて他社に負けたくないという業務の迅速さが求められているということなのです。

それだけITの歴史の長さにも起因している感じがします。古い知識から勉強して自分のものにするまでの時間も長いのです。その背景に他の業種と比べて覚えることが多いからだとされる理由が挙げられると思います。ITの仕事に携わるならば、ソフトウェアやハードウェアといった基本的な言葉を始めとした専門用語を覚えることから始めなければいけません。

2012年のIT用語辞典という情報関係に特化した専門用語でアクティビティ・ガラケー・エプソンなどといった、聞く人によっては全く未知の領域の言葉の羅列が並んでいます。そうした言葉による知識だけではなくてコンピューターが動くために必要な知識も同じくらいに求められています。

求人情報に掲載されている業務内容から察せられることとして確かな見識も同様に兼ね備えている人が要求されているということなのです。求人情報においての今の状況からエンジニアなどの実力のある人材を欲しているのは、猫の手を借りたいぐらいの忙しさからという理由もあるのです。求職者は求人情報に添えるような人材になるために当然「なりたい自分」という言葉を自身に鼓舞していき胸に抱いて希望している職種に就けるように努力していくわけです。

その点、企業から独立してフリーランスとして活躍しているエンジニアは、自分のもつスキルとマッチした案件に即戦力として活躍できることが大いに予測されます。さまざまな案件で起用してもらえるためにも、より多くのスキルを身につけておくことが大切なのだと言えるでしょう。フリーエンジニアとして活躍している人の体験談はこちらが参考になるかと思います。